大阪 天王寺動物園 『ホッキョクグマのゴーゴ、鮭を食べる』の巻♪

Pocket

こんにちは、天然素材のぬいぐるみ ぬくぐるみ工房です。

先週末、大阪の天王寺動物園にて「ホッキョクグマに新鮮なお魚をプレゼント」イベントが行われると知り
急きょ行ってきました~!

ホッキョクグマにお魚プレゼント朝5:00に東京を出発し、開園前に無事到着しました。
イベントのインフォメーションが入口に貼ってあり期待が高まります♪

ホッキョクグマ-天王寺ゴーゴ-鮭食べる前この日午前中のホッキョクグマはゴーゴ君♪2004年12月3日生まれの男の子。ものを投げるのが上手。

ゴーゴが食べた鮭ゴーゴ君が食べる鮭はこちら!

ホッキョクグマ-天王寺ゴーゴくんサケを食べる大きな鮭が投げ入れられ、ゴーゴくん、鮭をゲットしました~!

ホッキョクグマ-天王寺ゴーゴ-水面を見るまだ鮭さんいるかなー、と水面をずっと探すゴーゴ。

天王寺動物園は世界にいるクマ8種類のうち、ホッキョクグマ・メガネグマ・ツキノワグマ・マレーグマの4種類のクマたちが暮らしています。

メガネグマ-天王寺プッペ-氷食べるこちらはメガネグマ。女の子のプッペ。
1993年1月19日生まれ。ポッチャリしていて鼻が黒っぽいのが特徴。

メガネグマ-天王寺ダイスケ-おすわりこちらがメガネグマの男の子ダイスケ。
1990年12月4日生まれ。スマートでイケメン、鼻がピンクっぽいのが特徴。
(天王寺動物園には飼育員の方の手書きの説明書きがあってとても親切です。)

ツキノワグマのコテツそしてニホンツキノワグマの男の子、コテツ。
生年月日は不明。ツキノワグマの特徴の月の模様がコテツくんにはなくて真っ黒、ちょっと珍しい個体です。

マレーグマ-天王寺マーサマーズこちらはマレーグマ。手前が女の子のマーサ、奥にいるのが男の子のマーズ。(多分…。)
マーズは2003年4月29日生まれの男の子。特徴は不器用だがひたむきだそう。かっこいいな。
マーサは2008年6月26日生まれの女の子。器用だが怒りっぽい。さすが女の子っぽい(笑)

マレー-天王寺マーズ-木登りマーズ木登りしています。この顔がたまりませんね~。

ホッキョクグマ-天王寺イッちゃん-立ち午後になったらホッキョクグマがイッちゃんに変わっていました~。
2013年12月11日生まれ、豪快な飛び込みが魅力の女の子。

ホッキョクグマ-天王寺イッチャン-頭をかかえるイッちゃん頭をかかえてます(笑)

マレーグマ-天王寺湯たんぽおやつを器用に食べる午後はマレーグマさんたちが湯たんぽに入ったおやつを器用に食べていました。長い舌を上手に使っていましたよ!
天王寺動物園では動物たちがヒマでストレスがたまらないように簡単に食べることができないおやつ装置、フィーダーを時々与えているそうで、
確かに、マレーさんたちも湯たんぽに入ったおやつを一生懸命時間をかけて食べていました♪

そして気づくともう夕方。あっという間の1日でした。
天王寺動物園は動物たちをとても近いところで観察できるので、とーーーっても楽しかったです!
せっかく強行スケジュールで大阪まで来たので、足を延ばして和歌山のアドベンチャーワールドまで行くことにしました。和歌山白浜へ移動です。
アドベンチャーワールドはジャイアントパンダファミリーとホッキョクグマがいらっしゃいます。
パンダファミリーはお父さんの永明さん、お母さんの良浜さん、双子の桜浜ちゃんと桃浜ちゃん、結浜ちゃん、そして昨年誕生した彩浜ちゃんという大家族。
しかも七夕まつりを開催中とのことなのでもうこれは行くしかないです!
アドベンチャーワールドの報告はまた今度いたします~。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

コメントをどうぞ♪