ぬくぐるみの洗濯実験と堅牢度について

Pocket

オーガニックコットンと化学繊維について

ぬくぐるみ工房ではオーガニックコットンのぬいぐるみを製造していますが
よくコットンは「へたりやすい」「しわになる」「乾きにくい」などと言われ、化学繊維を好む方もいらっしゃると思います。

ポリエステルを代表とする化学繊維は、天然繊維にはない特性を持っており
伸び縮みや型崩れがしにくく、速乾性に優れ、強度は強く耐久性に優れています。
冬場に綿のTシャツとポリエステルのスポーツウェアを同時に洗濯してみると特性が見えてわかりやすいと思います。

私は用途によって臨機応変に使い分ければ良いと思っています。
ただ、優れている特性がある反面、化学繊維の原料が近い将来枯渇すると言われている「石油」であること、
そして、この石油原料の化学繊維にアレルギーのある方が実はたくさんいる、というデメリットもありますね。

冬場の乾燥する時期になると、なぜか肌にかゆみを感じる方や、洋服のブランドネームがあたる部分がこすれてかぶれてしまう方は、
気づいていないだけで、もしかすると化学繊維アレルギーかもしれません。

特に大人よりも肌の薄く敏感な赤ちゃんやお子様には化学繊維の刺激は少し強いので、肌にあたる部分にはなるべく避けてあげた方が良いと思います。

化学繊維に比べて乾くのが遅くても、すこしくらい形が崩れても、身体にとって気持ちの良い天然繊維。

その中でも特に厳格な検査基準をクリアしている【オーガニックコットン】は有機栽培で育てられた人にも地球にもとても優しい繊維です。

ぬくぐるみ工房では、実際のくまのぬいぐるみを使って、洗濯・乾燥の実験をしてみました。

また、堅牢度の検査・ホルムアルデヒドの検査・食品衛生法に基づく乳幼児用の玩具の検査を第三者検査機関でしっかり行っておりますので合わせてご覧ください。

ぬくぐるみの洗濯実験 

ぬくぐるみ工房のオーガニックコットンぬいぐるみは、中のわたもオーガニックコットンです。

型崩れしにくく乾くのが速いポリエステルわたに比べ、乾きにくい、形がへたりやすいと言われているコットンわた。

化学繊維でも天然繊維でもすべての布製品に言えることは「表面の布地は乾いていても中心部まで乾いていないとカビの原因となる」ということ。
これは絶対に避けなければなりません。

工房では、どのくらい化繊わたと天然わたで違うのか、洗濯と乾燥の実験をおこなっています。
なお、実験は工房のある東京都練馬区でおこなっています。
地域により温度や湿度、日照時間などが異なりますのであらかじめご了承ください。

第一回洗濯実験 冬 快晴(2015年12月26日)(詳しい結果はこちら)
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみMサイズが乾くまで:日干し6時間→乾燥機(通常)→浴室乾燥3時間

第二回洗濯実験 夏 曇り(2016年7月12日)(詳しい結果はこちら)
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみSサイズが乾くまで:日干し8時間→乾燥機(通常)
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみMサイズが乾くまで:日干し8時間→乾燥機(通常)
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみLサイズが乾くまで:日干し8時間→乾燥機(通常)→浴室乾燥6時間

第三回洗濯実験 夏 晴れ(2016年8月17日)(詳しい結果はこちら)
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみSサイズが乾くまで:日干し8時間→浴室乾燥2時間
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみMサイズが乾くまで:日干し8時間→浴室乾燥3時間
  オーガニックコットンくまのぬいぐるみLサイズが乾くまで:日干し8時間→浴室乾燥3時間

【第一回洗濯実験】

実験日 2015年12月26日 晴れ 気温13° 湿度65%

用意したのは、外側は全く同じ形状、同じ布地のクマ4匹分です。

中のわたの種類をそれぞれ変えます。
 

実験前 ガワ 洗濯していて、わからなくならないように足の裏に刺繍をいれて
オーガニックコットン100%わた入りがOGCさん、ポリエステル100%わた入りがPESさん、そしてインド綿70%ポリエステルわた30%の混合わた入りがMIXさんです。残り1匹は全く洗濯せず日干しのみのsunさんです。

1.洗濯前の計測

 

実験前 前面

 
洗濯前の計測データ
  PES MIX OGC
体重 65g 58g 61g
身長 14.5cm 14.5cm 14.5cm
水分率 6% 6.3% 6.3%
水分率測定は木材・食物用のものを使用しています

2.洗濯後に日干し

ネットに1匹ずついれて洗濯機で普通にがらがら洗います。洗剤は植物由来のエコベールを使用しました。

この日は寒い1日でしたが快晴でしたので、日干しします。 11:00~17:00 6時間干しました。

干されているぬくぐるみ オーガニックコットン日干し

3.日干し後の計測

日干し後前面  
日干し後の計測データ
  PES MIX OGC
体重 66g(+1) 62g(+4) 69g(+8)
身長 14.5cm(±0) 14cm(-0.5) 13cm(-1.5)
水分率 12.8% 21.6% 22.8%

なんとOGCさんは1.5cmも縮んでしまいました。
ポリエステルは見た目は乾いているようですが、水分率はまだ高いので
3体ともに乾燥機にかけます。

4.乾燥機後の計測

乾燥機後 前面  
乾燥機後の計測データ
  PES MIX OGC
体重 64g(-1) 56g(-2) 59g(-2)
身長 14.5cm(±0) 14.2cm(-0.3) 14cm(-0.5)
水分率 5.5%以下 計測不可能 5.5%以下 計測不可能 12%

ここで混合わたとポリエステルわたは完全に乾きました。
(水分率計測器は5.5%以下は測定できないため計測不可能の表示が出ました。)
むしろ最初のぬいぐるみ出来上がり時より乾燥しているという結果です。
オーガニックコットンわたのみ、体重はもとより減っているのですが、なぜか水分率がまだ少し高いので念のため浴室乾燥へ

5.浴室乾燥後

浴室乾燥後

浴室乾燥に入れて3時間後、水分率5.5%以下になりました。

完全に乾ききったらすっかり形はもとに戻りました!ふっくら元通りです!

実験の結果わかったことは、やはりポリエステルわたに比べるとコットンは乾きにくいというのは確かです。
しかし決して乾かないわけではなくて、「乾くまでに時間がかかる」、だけです。
きちんと乾かせば湿気もカビも発生しません。冬場の寒い時期でこの結果なので夏でしたらまた違う結果が出ると思います。

注意しなければならないのは乾燥を中途半端にしないということ。それさえしっかりすれば、コットンわた入りのぬいぐるみも洗濯機でしっかり洗えます。

衛生面が気になる方は、洗ってみてください。

ただし、洗っていない日干し専用SUNさんの生地の具合と比べると、洗濯したぬいぐるみはパイル具合が乱れています。

洗濯と日干し右が日干しのみ、左が洗濯機で洗ったもの

このくらい生地の風合いは乱れますので気になる方は、丸ごと洗濯はせずに
ぬいぐるみのの表面を、少し濡らした布でたたいて汚れをとったあと、日干しすることをお勧めします。

これから、季節ごとに確認していきます。夏場と冬場では日照時間も気温も違うのでまた結果が出たら報告いたします。
以上、洗濯実験の結果報告でした。

【第二回洗濯実験】

実験日 2016年7月12日 曇り 最高気温32° 湿度82%

 

水分率測定器水分率を測る測定器。木材・食物用のものです。わたの中心まで測るため中まで入るタイプを取り付けて使用しています。

今回の実験はMサイズ3種類の他、SサイズとLサイズも測定しています。

1.洗濯前の計測

 

洗濯前

 
洗濯前の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 65g 58g 61g
身長 14.5cm 14cm 14cm
水分率 12.3% 9.0% 9.0%
 
洗濯前の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 49g 131g
身長 12.5cm 18.5cm
水分率 9.2% 9.0%
前回の洗濯前の水分率に比べ、全体的に水分(湿気)を含んでいることがわかります。
オーガニックコットンだけでなくポリエステルも混合わたも水分率が高いのは驚きです。夏場のせいでしょうか。地域により異なると思います。

2.洗濯後に日干し

ネットに1匹ずついれて洗濯機で普通にがらがら洗います。今回も洗剤は植物由来のエコベールを使用しています。

7月の夏日ですが残念ながら一日曇り。でも外で日干しします。 10:00~18:00 8時間干しました。

干すLサイズは洗濯直後かなりわたがへたっていますね。

3.日干し後の計測

日干し後すぐ  
日干し後の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 66g(+1) 60g(+2) 66g(+5)
身長 14.5cm(±0) 14cm(±0) 13cm(-1)
水分率 9.2% 11.2% 18.6%
 
日干し後の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 52g(+3) 141g(+10)
身長 12cm(-0.5) 17cm(-1.5)
水分率 12.3% 23.9%

縮率は変わらないのですが、曇りとはいえさすがに夏場。冬に比べ水分率がかなり下がっています。

Lサイズ日干し後Lサイズは表地や表面側のわたは乾いていますが、顔の中心部やお腹の中心部など厚みがある部分の内側は全く乾いていません。
ポリエステルも含め乾ききっていないので5体ともに乾燥機にかけます。

4.乾燥機後の計測

乾燥後  
乾燥機後の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 64g(-1) 57g(-1) 60g(-1)
身長 14.5cm(±0) 14cm(±0) 14cm(±0)
水分率 6.5% 5.5%以下 計測不可能 6.8%
 
乾燥機後の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 49g(±0) 135g(+4)
身長 12.5cm(±0) 18cm(-0.5)
水分率 5.5%以下 計測不可能 18%

ここでS・Mサイズは乾きました。手を入れて確認、ほかほかで乾ききっています。
(水分率計測器は5.5%以下は測定できません)
S・Mサイズともに実験前より乾燥していることがわかります。
Lサイズはまだ水分率がまだ高いので浴室乾燥へ入れます。

5.浴室乾燥後(Lサイズのみ)

乾燥後

Lサイズを浴室乾燥に入れて6時間後、6.5%になり乾燥完了です。

結果

今回の洗濯実験の結果、夏場でも曇りだと1日の日干しだけでは乾ききりません。
次回は快晴の日にどのくらいで乾ききるかを測定します。
Lサイズは特にサイズも大きく、わた量も多いため、乾燥時間もかかります。
ご注意の上、お手入れいただければ嬉しく思います。
なお、洗濯後は生地が荒れますので、質感は変わります。
購入されたままの質感や形状をご希望の方は、ぬいぐるみのの表面を、少し濡らした布でたたいて汚れをとったあと、日干しすることをお勧めします。

【第三回洗濯実験】

実験日 2016年8月17日 晴れ 最高気温34° 湿度66%

今回の実験も前回同様、Mサイズ3種類、Sサイズ、Lサイズを測定しています。

1.洗濯前の計測

 
洗濯前の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 65g 58g 61g
身長 14.5cm 14cm 14cm
水分率 7.9% 6.6% 6.5%
 
洗濯前の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 49g 131g
身長 12.5cm 18.5cm
水分率 9.7% 7.1%
前回の洗濯前の水分率に比べ、全体的に水分は低め。天気によりこれだけ差があります。

2.洗濯後に日干し

ネットに1匹ずついれて洗濯機で普通にがらがら洗います。今回も洗剤は植物由来のエコベールを使用しています。

8月の夏日、台風一過で快晴です。10:00~18:00 8時間干しました。

干したばかり

3.日干し後の計測

 
日干し後の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 65g(±0) 59g(+1) 63g(+2)
身長 14.5cm(±0) 14cm(±0) 13.7cm(-0.3)
水分率 10.1% 10.7% 11.7%
 
日干し後の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 51g(+2) 141g(+10)
身長 12cm(-0.5) 17.8cm(-0.7)
水分率 12% 19%

曇りの日や冬に比べ水分率がかなり下がっています。 Lサイズ以外は、わたの中に手をいれても乾いているのですが、数字上は完全に乾いていないので、浴室乾燥にいれます。
乾燥機に入れるほどではありませんので今回は使用しません。

4.浴室乾燥後

 
乾燥後の計測データ Mサイズ
  PES MIX OGC
体重 64g(-1) 58g(±0) 61g(±0)
身長 14.5cm(±0) 14cm(±0) 14cm(±0)
水分率 6.7% 6.6% 6.5%
 
乾燥後の計測データ S/Lサイズ
  Sサイズ Lサイズ
体重 49g(±0) 131g(±0)
身長 12.5cm(±0) 18.5cm(±0)
水分率 6.5% 6.8%

浴室乾燥に入れて2時間ほどでSサイズが乾燥完了、 3時間ですべてのサイズが乾燥完了です。

結果

今回の洗濯実験は、台風一過の快晴でしたが、日干しのみでは水分率が元に戻っていなかったので念のため浴室乾燥して仕上げました。
乾燥機を使うほどではありませんでしたので使用していません。
夜間に外干しをそのまま続けなかった理由としては、夏場の夜間の湿度がとても高いこと、それから天然素材のため虫がついてしまう恐れがあることからです。
気温や湿度、日照時間により結果は異なります。ご注意の上、お手入れいただければ嬉しく思います。
なお、洗濯後は生地が荒れますので、質感は変わります。
購入されたままの質感や形状をご希望の方は、ぬいぐるみのの表面を、少し濡らした布でたたいて汚れをとったあと、日干しすることをお勧めします。

ぬくぐるみの品質検査 堅牢度について

ぬくぐるみ工房のオーガニックコットン100%のぬいぐるみは、第三者繊維検査機関での堅牢度検査及びホルムアルデヒド検査を受けております。

生地も綿も使っている糸もすべて検査するので、切り刻まれて大変なことになりますが
糸部分までしっかりと調べてもらうので安心です。

検査後 顔 検査後背中 検査後手足

繊維製品の検査は生地だけでなく、使用されている糸などの付属も調べます。

オーガニックコットンくまのぬいぐるみの堅牢度の結果

・洗濯4-5級、汗すべて4-5級、摩擦乾湿ともに4-5級、ドライ4-5級で問題ありません。
ただし、パイル地の耐光のみが3級未満(合格ラインは3級以上)という結果でした。

・ホルムアルデヒドも0.05以下、問題ありませんでした。

やはり自然そのままのオーガニックコットンなので耐光の数字があまりよくありません。

耐光というのは、光(蛍光灯や日光)に長時間あたった時に色の変化があるかどうかという検査です。

試験片を返却してもらったので見てみると、やはり少し色が変わっています。

試験片

自然のままのオーガニックコットンは化学薬品を使用していないのでどうしても色の経年変化は避けられません。

ぬくぐるみを飾る際は日差しが一方向からあたる場所や蛍光灯が一か所に集中する場所などに置いておくと、
部分的に色落ちする場合がありますのでご注意ください。

オーガニックコットン草木染めツキノワグマぬいぐるみの堅牢度の結果

・耐光3-4級、洗濯変化2-3級・汚染4-5級、汗酸3-4級 アルカリ3級、摩擦乾4-5湿2-3級、ドライ4級
 天然染料で染められているツキノワグマ。生成の無染色のぬいぐるみに比べ、堅牢度は低いです。
 洗濯の変化が2-3級と低いというのは、洗濯後に色変わりするということです。
汚染が4-5級というのは一緒に洗濯したものに色移りするかの実験でこれは問題がないことがわかります。
また酸やアルカリに弱いので、洗う際は必ず中性洗剤をご使用ください。

・ホルムアルデヒドも0.05以下で問題ありません。

オーガニックコットンうさぎのぬいぐるみの堅牢度の結果

・耐光3級を除いては4-5級以上で問題無し
くまのぬいぐるみと同様、ぬいぐるみを飾る際は日差しが一方向からあたる場所や蛍光灯が一か所に集中する場所などに置いておくと、
部分的に色落ちする場合がありますのでご注意くださいね。

・ホルムアルデヒドも0.05以下で問題ありません。

ぬくぐるみの品質検査 食品衛生法に基づく検査について

ぬくぐるみ工房のオーガニックコットン100%のぬいぐるみは、第三者繊維検査機関での食品衛生法に基づく乳幼児用の検査を受けております。

この検査は一定時間口に入れた場合に着色料が溶出するかどうか、溶出する場合には食品・添加物などの規格基準が守られた着色料かどうかを調べる検査です。

ぬくぐるみ工房のぬいぐるみは、乳幼児用の検査を受けており、着色料が溶出しないという結果をもらっています。

ぬいぐるみは赤ちゃんが口に入れてしまう可能性があるので、念のためこちらの検査もおこなっています。

小さなお子様も安心してご使用くださいませ。

お問い合わせはこちら